アフィリエイト広告を利用しています
CATEGORY

ver.キミトラレ

  • 2024年4月9日

【 おすすめ 】 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん 【 NTR・寝取り・寝取られ 】

当シリーズをネトラレというタイトルにしなかったのは既にこの映像があったから。自分の元を離れていったのが恋人でも配偶者でもなく、溺愛する家族だったケース。いつまでも猫かわいがりする姉と、それを煩わしく振舞いつつも感謝が絶えない弟。二人で支え合い、生きてきた姉弟が本作の被害者だ。起きられずにいる弟の頬を寄せ迎える朝。今日あった出来事だけで笑い合える夕食の時間を過ごし、「オヤスミ」と手を振り眠りにつく。幸せな毎日。弟には夢があった。映像監督になる夢。本当はAVだったけど、いつか伝えられればいいなと思っていた。姉は男性経験が少ないから理解してもらうには時間がかかるだろうけど。職場はいい人達ばかりだったが、専属キモ男優に服従している姿は異常だと思った。臭い息をふきかけ、頭をこづいてくる大嫌いなあの男。所謂キモメン。ただのデブ。我慢できたのは、いち早く自立することが姉への恩返しだと思っていたからだ。だから、正社員になれたという報告は真っ先に聞いてほしかった。狭い路地を駆け抜け、家のドアを開ける。大好きな優しいいつもの表情。少し苦しそう。でも、幸せそうに顔を赤めてるようにも見える。違和感が確信に変わったのは姉が上げた下品な呻き声だった。まるで獣の交尾を見ているかのようで、華奢な身体にのしかかって腰を振っているのはあの醜いブタ男。エサにがっつくようにヨダレを垂らしている。少年は必死で思い出そうとした。でもできなかった。尿を口に注がれ、嗚咽まみれでイラマを受け入れ、真正中出しをされて嬉しそうな色に狂ったこの生き物のこと。

  • 2024年4月2日
  • 2024年4月9日

【 おすすめ 】 ver.キミトラレ ▼視線、目の前で種付けされようとも 【 NTR・寝取り・寝取られ 】

玉屋レーベルが寝取られにあらためて向き合った新シリーズ。キモ男ヲタ復讐動画の中でも男女の愛情、葛藤、嫉妬を深く捉えられたもののみを厳選。『余計な前フリ一切ナシ、とにかく鬼ピストンでヤリまくれ』がブームのAV界において、冒頭30分エロ映像一切ナシの時代逆行作品。「だってぇ、あっという間に寝取られたりぃ簡単に墜ちるとぉ、NTRの醍醐味なくなくなーい」という巷のギャルの声(想像)にも応え、様々な場面でカメラを回し恋愛模様を漏らさず収める。想い人とデブ間男の間で揺れ動く乙女心を堪能し、美男美女の大恋愛にタップリと感情移入できます。そして、ニヤケてしまう恋模様を踏み台にして味わうデップリ太ったキモメンとの真正中出し。更に不幸なことに、一部始終を隣の部屋で隠れていた彼の手持ちカメラから見せられる二重苦、三重苦の背徳感。副題の【視線】が示す通り、物語の多くは彼の視点で進められます。AVメーカーバイトの青年。同僚でAV女優の彼女。メーカーの絶対的な暴君にして専属男優のブタ男。彼女に言い寄る権力者に逆らえばAV監督への夢は閉ざされる。大嫌いな巨漢の腹の下、愛くるしい瞳は助けを求めるように視線を送り続けてる。彼がその手で掴むのは愛なのか夢なのか…。彼女の涙と向けられた軽蔑の上でただただ切に願う。また同じ笑顔で笑い合える二人でいますようにと。