アフィリエイト広告を利用しています
CATEGORY

渡辺さんとボクの四半世紀のハナシ

  • 2024年4月29日

【おすすめ】 【前編】渡辺さんとボクの四半世紀のハナシ 【NTR・寝取り・寝取られ】

まおと俺は幼稚園からの幼馴染。田舎町で何をするにも一緒だった。だからまおのことは何でも知っているつもりだった。もちろん誰とも付き合ったことがないことも。あの日は高校の卒業式のちょうど一週間前、俺の部屋でまおに初めてフェラしてもらった日。まだヤラせてはくんなかったけど(なぜだかキスも断られたし…)卒業式の翌日に絶対しようって約束したんだ。一週間後、無事初体験を済ませることができて二人は正式に付き合い始めた。その後すぐまおは東京の大学へ行ってしまったけど、アイツと付き合ってるってだけで毎日が満たされてたんだ。同級生の早乙女から、思い出すのもおぞましいあの恐ろしい話を聞かされるまでは…。

  • 2024年3月7日
  • 2024年4月9日

【 おすすめ 】 【後編】渡辺さんとボクの四半世紀のハナシ 【 NTR・寝取り・寝取られ 】

あれから12年の月日が流れた。実をいうとホストとの浮気現場をまおの部屋のベッド下で目撃したあの年の暮れにうちのじいちゃんがポックリ逝っちゃっておれにも結構な遺産が入ってきた。地元ではちょっとした地主のボンボンだったんだおれは。そのまとまった金でまおの借金もぜんぶ返済して奨学金も繰り上げて払ってやった。あれ以来夜の仕事はやめてもらいそのまま遠距離恋愛を続け、まおは卒業と同時に田舎に戻りおれらは結婚式を挙げた。結婚して8年が経とうとしていても、まおの性欲は一向に衰える気配がない。おれが仕事に出かけた後は毎日オナニーしているらしい。そんなことでまおの男癖が治るとは思えなかったが、おれはそれを黙って見守るしかなかった…。

  • 2024年2月15日
  • 2024年4月9日

【 おすすめ 】 【中編】渡辺さんとボクの四半世紀のハナシ

進学で上京したまおから連絡が途絶えて2週間が経ち、さすがに心配になった俺は意を決し上京してまおのアパートを訪ねることにした。結論からいうとまおには無事会えて、スマホをなくし以前のアドレスが全部消えて連絡が取れなかったこと、早乙女の言いふらしていることは奴の嫉妬からくる根も葉もない噂だということを知ることができて、積もっていた不安を一気に解消することができた。やっぱりまおは神。おれの心の安定剤。合鍵もくれたし何も心配することないや。なんだって俺はこんないい子のことを疑っていたのか。まおも昼は学校、夜は仕事で東京生活を頑張ってるんだし、俺も明日の仕事にむけて大人しく帰るとしよう。そう、素直に退散すれば良かったんだ。そうすればあんなショッキングな目にあわなくて済んだのに…。